山形県立米沢興譲館高等学校のHPへようこそ!

 

学校からの連絡です

ありません
 

校長:横戸隆

ごあいさつ


 あなたの夢をカタチに・・・。

「学ぶ」ことは、あなたの新たな人生を創ることです。

本校は、一人ひとりの夢をカタチにするために、その礎となる芽を大きく育てます。
 
あなたの夢実現にむけて、米沢興譲館高校で共に学んでみませんか?


本校建学の歴史は古く、その由来は元禄10年(1697年)に設けた米沢藩学問所まで遡り、300年以上の歴史を誇る伝統校です。中学校令により旧制中学校として開校した明治19年(1885年)を創立の年とし、今年で132周年を迎えます。

本校の教育精神は次の三つで、これらは「興譲の精神」として代々受け継がれ、国内外で活躍するあまたの有意な人材を輩出してきました。

1 自他の生命を尊重する精神

2 己を磨き、誠を尽くす精神

3 世のために尽くす精神

 

生徒は、「文武両道」日々の授業を第一に自学自習に励み、限られた時間の中で部活動やボランティア活動にも積極的に取り組んでいます。先生方は、皆さんの持つ無限の可能性を切り拓くべく全力を注ぎ、生徒一人ひとりを大切に、熱心に指導する姿が校内のいたる所で見られます。共に学び、共に励まし合いながら己を磨き、夢の実現にむけて、生徒・保護者・教職員が一つになって取り組んでいる学校です。

また、本校は、大学や研究機関・企業等との連携、東京や関西方面への研修旅行、台湾等への海外研修など、自らの体験を通して“学びの志”を育み、将来の自らの道を求めて“主体的に学ぶ生徒”の育成めざした特色あるキャリア教育を行っています。

さらに、継続して研究開発指定校となった第3期のスーパーサイエンスハイスクール事業、そして、今年度から探究的な学習活動を重視し高いレベルの学力の育成をめざした探究科(「国際探究科」「理数探究科」)が設置され、本校の役割を果たすべく、時代を見据えた教育の充実を図っています。

 

本校の伝統である質実剛健・文武両道、そして進取の気風。連綿と受け継がれてきた「興譲の精神」を教育の根幹に据えながら、新たなことをも積極的に取り入れ、変化の激しい未来社会に、高い志を持ち新たな価値の創造へ果敢に挑戦し、世のため人のために尽くすリーダーの育成に努めて参ります。

山形県立米沢興譲館高等学校
校 長  横 戸   隆


 

アクセス

●JR米沢駅(奥羽本線)より
 自動車で10分
 自転車で20分
 徒歩50分

●JR南米沢駅(米坂線)より
 自動車で7分
 自転車で10分
 徒歩20分

Yahoo地図へのリンク